フィールド
冷却細霧システム

サッカー場などの球技場や陸上競技場では、夏場の炎天下でも練習や試合が行われています。このとき、プレイヤーの体は酷暑にさらされており、熱中症をおこす可能性も少なくありません。
特に全天候型舗装のフィールドの場合は、表面温度が上昇しやすいため、危険度が増します。近年は特に、熱中症が重症化するケースも多く報告されており、夏場のプレイにはしっかり対策を取る必要があります。
こうした現状を受けて、当社はフィールドの暑熱環境を緩和する『フィールド冷却細霧システム』を開発しました。

product.01 フィールド冷却細霧
システム

『フィールド冷却細霧システム』は微細ミストを発生させて、フィールドの暑熱環境を緩和する装置です。

フィールド冷却細霧
システムの特徴

微細ミストを噴霧するため、グラウンド表面をあまり濡らすことがありません。そのため足元が滑ることはなく、プレイ中にも使えます。さらに、ミストノズルはゴム製のカバーを取付け、安全にプレイできます。
従来の散水方式とは異なり、大容量の受水槽や大型ポンプは不要。従来の散水方式に比較して建設コストを削減します。使用水量はサッカー1面当たり毎分40~45ℓ程度となりランニングコストも削減し、フィールドの利用形態に合わせて微細ミスト噴霧エリアを制御できます。

噴霧の様子

システム制御板

フィールド冷却細霧
システムの3つの効果

  • 1.微細なミストは蒸散し、気化熱が発生することで、グラウンド全体の空間の外気温度を下げる
  • 2.プレイヤーにミストが直接触れることで、体感温度を下げる
  • 3.一部グラウンドに降下したミストは、グラウンド表面温度を下げる


以上3つの効果によって、利用者に快適なスポーツ環境を提供することができます。

フィールド冷却細霧
システムの動画

『フィールド冷却細霧
システム』の様子

環境省令和3年度環境技術
実証事業(今年度実施中)

環境省「環境技術実証(ETV)事業」にて、暑さ対策技術としての性能を実証中です。(令和3年度)

実証実験の様子

フィールド冷却細霧
システムの施工方法

『フィールド冷却細霧システム』を導入する場合の施工方法についてご紹介します。

配管埋設工事

はじめに、基盤工事の段階で給水管を設置。そして、ミストを噴霧するノズルの立ち上げ管を設置します。

アスファルト舗装切断

給水管を設置した後、アスファルト等の下層部の舗装工事を行います。平坦性を確保するため、一旦給水管は完全に埋設しますが、下層完了後、慎重に測量して掘削し、立ち上がり管を表層に出してミクロンノズルを取り付けます。

ミクロンノズル設置完了

表層の仕上がり高さに合わせて、ノズルを設置したら、ノズルカバーをかけて噴霧部を保護。カバーを設置することによって、プレーヤーの安全性も確保されます。

archiveフィールド冷却細霧
システムの施工実績

関東

浦和学院高等学校サッカー場

所在地:埼玉県さいたま市
ノズル噴霧口ピッチ:11m

詳細を見る

松戸市運動公園陸上競技場

所在地:千葉県松戸市
ノズル噴霧口ピッチ:
横6.5m/縦7m

詳細を見る

東京農業大学
世田谷グラウンド

所在地:東京都世田谷区
ノズル噴霧口ピッチ:5m

詳細を見る

早稲田大学東伏見
アメリカンフットボール場

所在地:東京都西東京市
ノズル噴霧口ピッチ:10m

詳細を見る

稲城長峰ヴェルディ
フィールドサッカー場

所在地:東京都稲城市
ノズル噴霧口ピッチ:7m

詳細を見る

甲信越・北陸

千曲市サッカー場

所在地:長野県千曲市
ノズル噴霧口ピッチ:7m

詳細を見る

関西

南山スポーツ公園陸上競技場

所在地:和歌山県日高川町
ノズル噴霧口ピッチ:7m

詳細を見る

田辺スポーツパーク野球場

所在地:和歌山県田辺市
ノズル噴霧口ピッチ:7m

詳細を見る