パーク
マネージメント

⽇本体育施設では⽬的や規模、地域の特徴に応じたスポーツ施設を含む公園の維持管理と運営を⾏っています。正しく整備され景観的にも美しいグラウンドを維持するには、運動施設の施工技術を生かして必要に応じたメンテナンスを施すことで、⻑期にわたって最適な状態の施設を提供します。また、使いすぎて芝⽣が枯れてしまう、せっかくの芝⽣が「⽴⼊禁⽌」だと利⽤者の⽅にとっては寂しい。こういった芝⽣のお悩みをスポーツターフ管理で養ったノウハウで解決。
このように⽇本体育施設は、これまで培った技術力を生かした「維持管理」と「利用管理」の両方の視点で、最善の品質で施設を提供するパークマネージメントを⾏っています。

公園にソリューションを

公園はスポーツやレクリエーション、地域のコミュニティ活動の拠点として、また⾃然とふれあう場として、多様化しつつあります。公園利⽤者だけでなく、周辺住⺠の⽅々にも快く迎え⼊れられ、地域環境とも調和する公園であるためには、多⾓的なアプローチが不可⽋です。
わたしたちが管理する公園は、競技者や愛好家が集うスポーツ施設、障害者のスポーツ環境、花の彩り、⾥⼭環境、歴史、⽂化等それぞれ違った特徴があります。
⼀つ⼀つ異なる特徴を活かして「公園の魅⼒を創出」する。また、ボランティア活動や市⺠参加型イベントや教室を通して、地域の⽅々の「豊かな暮らし」や「⼈と⼈との交流」を⽀える「憩いの場」とする。それが、わたしたちのパークマネージメント(公園管理運営)へかける想いです。

service.01 施設紹介管理運営を担っている施設をご紹介

スポーツ施設に限らず、多様な形態で満足度の高い管理を続けている、パークマネージメントの実績をご紹介します。

東品川海上公園


目黒川が天王洲南運河に注ぎ込む河川部に位置した親水性のある公園。アイル橋をはさみ北側と南側にわかれており、北側ではくじらをイメージした滑り台と運河沿いにボードウォークが設けてあります。南側にはポンプ場の屋上に四季折々の草花が楽しめる花壇と芝生広場がある屋上庭園、健康遊具広場や噴水広場があり、また、オランダの絵本作家ディック・ブルーナが描く絵本の主人公のうさぎ ミッフィーの姿を表した花壇や遊具が設置されている“ミッフィーお花のひろば”があります。

しながわ中央公園


東京都品川区の中央に位置する公園。園内にはスポーツ広場(有料施設の多目的広場・テニスコート)や、噴水・流れ・ロックガーデン・芝生広場、健康遊具を設置したトリム広場、区民住宅に隣接する児童向け広場があり、年間を通して“みどりと花”が楽しめる公園。公園西側に災害時に活用されるヘリポートや災害用テントが設置できる複合遊具など防災機能を備えたエリアとして拡張しました。

野津田公園


東京都町田市にある町田市立野津田公園は、スポーツをする環境と里山豊かな自然が色濃く残る、町田市で最大の公園です。
Jリーグ「FC町田ゼルビア」のホームグラウンドである、町田GIONスタジアム(町田市立陸上競技場)を主体として、
様々なスポーツを楽しめる環境が整っています。
自然の豊かさを肌で感じることのできる教室や、地域とのコミュニティーを取り入れたイベントなども数多く行われています。

哲学堂公園


東洋大学を創立した哲学者井上円了が“哲学と社会教育の場”として創設した「哲学堂」を前身とする公園です。園内には明治-大正期に建設された古建築物群(中野区指定有形文化財)をはじめ、井上円了の哲学観を体現した「哲学堂七十七場」があります。令和2年3月に国名勝に指定されました。

北九州市本城公園


北九州市立本城公園は、陸上競技場、野球場、運動場が配備されている都市公園です。日本陸上競技連盟第2種公認の陸上競技場で1989年4月1日に開場。
Jリーグ、ギラヴァンツ北九州のホームグランドとして、2016年まで使用されました。2014年および2015年に天然芝フィールドがJリーグベストピッチ賞を受賞しました。

service.02 ゾーニング管理テーマ別に機能的な区画づくり


公園の機能は、目的や規模・地域性によって特徴づけられますが、より多くのニーズに応えられるよう、ひとつの公園内を、テーマによってゾーニングします。
区画する時は、各ゾーンの方向性を明確にしつつ、ゾーン同士が連続的に繋がるようなテーマを検討します。

交流ゾーン


公園の施設や魅力を活用した様々なイベントの開催を通じて、地域の方々に親しまれる公園づくりを目指しています。 市民コンサートやスポーツ指導者による健康運動教室、警察犬訓練士の協力を得て愛犬のマナー講習を開催するなど、多彩なイベントを企画します。

スポーツゾーン


運動施設は、競技スポーツから健康づくりまで幅広い目的で利用されます。私達は、専門技術を生かしたグラウンドコンディションの維持や、スポーツイベントをサポートします。このほか、トップアスリートを招いて子供達との交流の場を提供するなど、運動施設の価値の向上を図ります。

野と花のゾーン


四季を彩る花や緑の芝生は、公園の魅力を高める重要な要素です。専門家のアドバイスを受けながら、公園の「花作り」を利用者や地域住民と協働で行い、地域で育てる公園づくりに取り組んでいます。こうした機会を通じた新たなパーク・コミュニティづくりに貢献したいと考えています。

里山ゾーン


公園を訪れる方々が、里山の自然に親しみ、楽しく過ごせるよう、伝統的な管理手法を生かしながら、貴重な遺産を保全・活用していきます。