trackの
施工・管理実績一覧

2021年

WHAT’S
投てき実施可能な
人工芝?

日本体育施設では、投てき対応型の人工芝『スポーツターフΛ(ラムダ)』を開発し施工に用いています。『スポーツターフΛ(ラムダ)』は日本陸上競技連盟のテストに合格し、適合製品として認定されています。

2020年

ウレタン舗装

ウレタン舗装は耐久性・衝撃吸収性に優れ快適で安全なサーフェスです。WA認証の『レオタンαエンボス』、ブリスタリング抑制の『レオタイト工法』暑熱を軽減する『クーリッシュコート』など日本体育施設の製品をご紹介します。

フィールド競技の
競技施設

トラックやフィールドで行われる各競技では助走や踏切板、砂場などの付帯設備が求められ、公認競技場に必要な設備となっています。こうした各種陸上競技に必要な付帯施設設置に、日本体育施設も対応しています。

フィールド
冷却細霧システム

日本体育施設の『フィールド冷却細霧システム』はミストを漂わせて太陽熱を遮断。ミスト自体の低温度でフィールドを冷し、気化熱によって周囲の熱を奪います。熱中症が懸念される夏季のプレー対策にも役立ちます。

ロングパイル人工芝に
よる舗装

日本体育施設の『ロングパイル人工芝』舗装をご紹介するページです。けがの防止につながるクッション性や、天然芝の感触に近いなどの特長が注目され、公式試合対応の球技場でも採用されるスポーツサーフェスです。

公認競技場・
長距離コース

日本陸上競技連盟には競技場・長距離コース等の公認制度があります。日本体育施設では公認制度に則した競技場の施工はもちろん、初回検定や更新時、規約・ルール変更の対応まで、専門的のスタッフがサポートします。

トラック競技の競技施設

日本体育施設では、日本陸上競技連盟のルールに則した設備を提供しています。特に公認の陸上競技場では、礎石(標石)、角石の埋設や、縁石などの精緻な設置が求められるため、専任のスタッフが対応しています。