投てき実施可能な人工芝
『スポーツターフΛ
(ラムダ)』

もともと陸上競技場は、公認第1種~3種の場合インフィールドの舗装材は、天然芝のみと規定されていたため、人工芝を用いることはできませんでした。
2018年に、公認競技場に関する規定が改定され、それまで認められていなかった公認第1種~第3種までの競技場で、投てき実施可能な人工芝の使用が認められ、全ての公認競技場での使用が可能になりました。

日本体育施設では投てき実施可能な人工芝『スポーツターフΛ(ラムダ)』を開発し、フィールド施工を行っています。

『スポーツターフΛ(ラムダ)』は、投てき競技の普及や活性化とサッカーや体育の授業との両立を実現し、競技場を多目的に使用できる舗装材として、注目を集めています。

product.01 スポーツターフΛ
(ラムダ)次世代ロングパイル人工芝

近年、急速に普及が進んだロングパイル人工芝は、プレイ感に優れ、稼働率も抜群、といった数々のメリットを持っています。しかし、やりが刺さらないこと、落下したハンマーが高く弾んでしまうこと、落下した円盤が滑るなど、陸上競技の投てき種目には対応できませんでした。

元来、投てき場として最適な舗装材は天然芝または土であると考えられてきました。一方で投てきは芝生を激しく損傷する競技です。そのため投てきを実施した芝生フィールドの補修には、手間と費用が必要とされます。 こうした維持管理の兼ね合いからからも、天然芝をインフィールドに用いた施設では、投てき競技の利用が制限されているケースも多いのが実情です。
こうした背景を踏まえ、研究を重ねた後に誕生したのが『スポーツターフΛ(ラムダ)』です。

スポーツターフΛ(ラムダ)
の特徴

『スポーツターフΛ(ラムダ)』は、 「やりが刺さる」「ハンマーや円盤落下時の衝撃を吸収する」そして「落下位置の痕跡が残る」といった、投てき場として要求される課題をすべて克服。
従来型のロングパイル人工芝が持つ良さはそのまま残し、“落下域としての質”も確保した次世代型人工芝です。

ハンマー投げの痕跡

やり投げの痕跡

スポーツターフΛ(ラムダ)
の実用性

『スポーツターフΛ(ラムダ)』の性能は、すでに競技会でも実証され、 公認の競技場に採用されています。また、サッカーやラグビーなどの球技種目や、体育の授業など多目的に利用されています。

やり投げ競技

審判員による判定

『スポーツターフΛ(ラムダ)』での投てき動画

スポーツターフΛ(ラムダ)
の施工方法

『スポーツターフΛ(ラムダ)』の施工方法と特徴を紹介します。

スポーツターフΛ(ラムダ)敷設状況

下地舗装には、砕石路盤を採用しています。人工芝向けのレオタイト工法によって、下地の表面を固定した後、人工芝を敷設します。

スポーツターフΛ(ラムダ)レベリング

そして充填材を複数回に分けて充填し、レベリングを繰り返して、平坦に仕上げます。
完成後の日常メンテナンスは、ほとんど必要なく、ブラッシング整備程度で十分です。