相模原ギオンフィールド
(4種)

日本体育施設が施工を担当した、相模原ギオンフィールドについてご紹介します。
また、日本体育施設では、相模原ギオンスタジアムの施工や相模原ギオンスタジアムのスポーツターフ管理も担当しています。

日本陸連第4種公認競技場。
トラック走路や助走路は、隣接するメイン競技場と同じ世界陸上競技連盟(WA)認証舗装材レオタンαエンボスを使用。
インフィールドは投てき実施可能な人工芝スポーツターフΛ(ラムダ)を採用し、全天候で練習可能。

相模原ギオンスタジアムの補助競技場として2013年に新設。
相模原麻溝公園は関東インカレ(陸上競技)の会場であり、相模原ギオンフィールドではハンマー投げなど投てき競技を実施している。
また、相模原麻溝公園はメイン競技場が天然芝、補助競技場がスポーツターフΛ(ラムダ)を導入していることで、主競技場とあわせて幅広いバリエーションで利用調整が可能となり、より多くの利用を実現している。2つの競技場を組み合わせた、多様な施設の活用が行われている。

竣工年度 2013
施工範囲 トラック・フィールド舗装(ウレタン舗装)、投てき実施可能な人工芝舗装、排水設備
所在地 神奈川県 相模原市

関連の施工・管理実績

日本体育施設では、相模原ギオンスタジアムの施工や相模原ギオンスタジアムのスポーツターフ管理も担当しています。

相模原ギオン
スタジアム
(2種)

日本陸連第二種公認陸上競技場。

詳しく見る

相模原ギオン
スタジアム
(芝生管理)

スポーツターフの維持管理を担当。

詳しく見る