ウレタン洗浄

全天候型舗装のトラックは、 長期間の利用を経た場合には、少しずつ色がくすみ、汚れが目立つようになります。汚れがひどくなると、ラインが見えにくくなる等、競技場としての機能が低下します。また、 美観も損ねますので、利用者に快適な時間を提供することが難しくなります。
しかし、改修工事をしてサーフェスを一新する時期には至っていない…。という場合は、舗装面のスペシャルケアを。専門スタッフによるウレタン洗浄『MOS洗浄工法』をおすすめ致します。

product.01 ウレタン洗浄『MOS洗浄工法』の
施工方法と特徴

『MOS洗浄工法』は、環境に影響を与えない専用の溶剤を高圧で噴射し、イオン結合させることで汚れを落とす工法です。イオンの力を利用したウレタン洗浄で、トラック表層をしっかりとリフレッシュします。

MOS洗浄工法の施工方法


『MOS洗浄工法』のメカニズムは、至ってシンプルです。ウレタン舗装上の“汚れ”は、分子レベルで見た場合、マイナスに帯電していることに着眼。プラスに帯電させた専用液を高圧で噴霧することにより、両者を電気的に結合させます。
こうして、汚れを瞬時に浮き上がらせた後、水で流し去っていきます。水質環境に大きなダメージを与えるような溶剤を大量に使う洗浄方法とは異なりますので、安心してご利用下さい。
専用液に含まれている次亜塩素酸ナトリウムは、厚生労働省指定添加物(食品添加物)であり、殺菌剤として飲料水や果実・野菜、プール水の消毒などに使用されています。
人体にとっても環境にとっても安全性が高くかつ殺菌効果が認められている成分です。

色が蘇るMOS洗浄工法

『MOS洗浄工法』の最大の特長は、トラックの鮮やかな色合いを蘇らせられる点です。洗浄機を用いた従来工法は、落としきれない汚れが表面に再付着しやすいという難点がありました。しかし、専用液と汚れをしっかり結合させる『MOS洗浄工法』は、この問題を克服。
洗浄で除去した水は、手押し式の洗浄機を使用します。従来のガンノズルタイプでは、洗浄ムラが出来やすい欠点がありましたが、この洗浄機によって均一に洗浄が行えます。施工後の洗浄効果は一目瞭然です。