日本体育施設

会社概要採用情報問い合わせトップページに戻る | サイトマップ

長距離コース測定

公認長距離コース

公道を走る長距離走は、景色を楽しめるといった特徴があるため、マラソン大会は市民スポーツとして各地で開催されています。 こうした大会は、多くが日本陸連による公認長距離コースで開催されています。 公認コースの場合は、距離の許容誤差はプラス0.1%以内と定められており、競技場の公認検定同様、コースの計測には 高い精度と専門性が要求されます。

* クリックすると拡大します。

安全管理を徹底した計測のサポート

長距離コースの計測は、自転車またはワイヤーで行われますが、公道での計測が多いことから、 交通機能への影響をできるだけ少なくすることも必要です。
もちろん、計測時に事故が起こらないよう徹底管理することも欠かせません。

長距離コースの公認検定時にお手伝いさせて頂くだけでなく、ワイヤーによるコースの距離計測や高低測量についても、当社にお任せ頂ければ、専門スタッフを派遣して、厳格な計測を実施致します。

競技場の公認検定のバックアップも承っております。お気軽にご相談下さい。