日本体育施設

会社概要採用情報問い合わせトップページに戻る | サイトマップ

天然芝グランドの調査・計画・設計

球技場の芝生舗装「スポーツターフ」は、他のスポーツサーフェスと異なり、生きています。そのため、日照や気温、水分、土壌等の生育環境条件によって、コンディションが変化します。これらをバランス良く整えていくためには、設計段階からの熟慮が不可欠です。

調査と計画

まず、気温や日照条件といった環境要因について検討していきます。地域レベルの条件に加え、フィールド内における局所的な気象条件(スタジアムでできる日陰の問題など)も含めて、多角的に判断します。 それと同時に、利用頻度や維持管理体制について考慮していくことが大切です。
こうした作業を省略してしまうと、最悪の場合、フィールド全体が利用できなくなる恐れもありますので、ひとつひとつ真摯に取り組んでいきます。

維持管理の難しさから、敬遠されることもありますが、専門的な調査と計画に則って造成されたスポーツターフは、比較的維持しやすく、良好な状態で保つことも困難ではありません。
プロプレーヤーの使用から、地域の公園、日々利用される学校グランドのターフに至るまで、さまざまなニーズに応じます。

設計時のポイント

上述の、調査や造成後の計画と並行して、スポーツターフの具体的な設計を行っていきます。どんな種類の芝草を選定するか、どういった舗装構造(土壌断面)にするのか、等がポイントになります。

はじめに種類ですが、芝草は生育適温の違いから2つに大別することができます。
ひとつは暖地型、もうひとつが寒地型です。四季のある日本では、季節(気温)によって、暖地型と寒地型の生育旺盛期が大きく異なります。
そのため、日本で常緑のターフを保つ場合は、暖地型と寒地型を共存させる手法を採用するのが一般的です。これをウインターオーバーシーディングと呼んでいます。
いずれにしても、どのようなスポーツターフを造成し、どう維持したいのかによって、適切な芝草を選定することが重要です。

(参照;暖地型芝生寒地型芝生ウインターオーバーシーディング

続いて舗装構造について検討します。
スポーツターフは、一般的な芝生広場やゴルフ場とは異なる環境条件下に置かれる特殊な芝生ですので、専門的見地に立った構造を採用します。
その「特殊性」とは、例えば、1)踏圧ストレスが激しい2)降雨直後や降雨中にも、良好なコンディションが求められる、 3)使用後は早期回復を要求される、4)プレーヤーの身体にかかる負担を軽減する必要がある、といった点です。

こうした条件を踏まえ、舗装構造をプランニングしていきます。状況によって内容は変化しますが、当社がご提案する基本的な構造は、右図の通りです。
路盤を築いた後に、排水性の高い豆砂利を敷き、床砂を30cmとします。 同時に、完成後に適切な給排水が行えるよう、給水設備や暗渠管の布設についても、設計に組み込んでいきます。表面勾配等、ルール上の規制が及ぶ部分については、 目的と状況も配慮しながら検討します。

ポイントをひとつずつ捉えようとしても、互いに影響を及ぼし合う事象が多く、スポーツターフの設計には総合的な判断が欠かせません。お困りの際は、ぜひご相談下さい。ワールドカップが開催されたスタジアムから、学校校庭のスポーツターフまで、幅広く携わってきた当社の専門スタッフが対応致します。