小笠山総合運動公園
静岡スタジアム
(1種,クラス2)

日本体育施設が施工を担当した、小笠山総合運動公園静岡スタジアムについてご紹介します。

日本陸連第1種公認、世界陸連クラス2の競技場。
トラック舗装材は、ローラーエンボス仕上げのWA認証舗装材レオタンαエンボス

2001年新設時、全天候ウレタントラックを整備。サッカーW杯、2003年国体、2019年ラグビーW杯の他、静岡国際陸上競技大会が開催されている。ラグビーゴールは、トラクターで昇降する高さの17mのW杯仕様。

竣工年度 2000
施工範囲 トラック・フィールド舗装、インフィールド舗装、雨水排水設備、競技施設
所在地 静岡県 袋井市