日本体育施設

会社概要採用情報問い合わせトップページに戻る | サイトマップ

ソフトグリーン舗装

学校校庭や公園などの多目的広場では、クレイ舗装が数多く採用されています。利用のしやすさや、身体への負荷が軽いといったメリットが大きいからですが、適切な管理を行わないと、コンディションは著しく劣化していきます。固結してクッション性と排水性が低下し、乾燥時には砂塵が飛散…。

こうした課題を低減するために、当社は『ソフトグリーン舗装』を確立。
“クレイ舗装の良さ”と“省管理”を両立させました。

ソフトグリーン舗装の特徴

ソフトグリーン舗装は『グリーンコート』と砂を混合して造成するクレイ系の舗装です。
通常の自然土よりも比重の大きいグリーンコートと砂を混ぜ合わせることにより、グリーンコート単体の舗装に比べ、排水性とクッション性を高めました。同時に、砂塵飛散が少なく、霜上にも強いのが特長です。

こうした特性に加え、表面処理に利用する『グランドガード』も効果を発揮します。塩化マグネシウムを主成分とする表面処理材で、グラウンド表面の湿気を保ち、防塵効果を持続させます。また土中の金属イオンと結合して、グラウンドの強度を高めます。

完成後のサーフェスは、多目的利用向きで、学校グラウンドや公園の広場等に最適。幼児から、高齢の方まで、どなたにも安心してご利用頂けます。

施工方法

* クリックすると拡大します。

ソフトグリーン舗装の施工方法について簡単にご紹介します。
まずはしっかりした基盤工事を行うことが大前提。適切な表面勾配を確保して施工を進めます。

続いて、下層となる砕石層を造成します。3〜4tクラス軽量のローラーで締め固め、表層の余剰水を速やかに排出できるよう、排水性を高め、かつ、精確に仕上げます。

ソフトグリーン舗装の標準的な施工においては、まず『グリーンコート』と砂を所定のの配合比で、バックホウなどを用い、配合します。配合土を敷設し、さらにトラクターで攪拌(2次混合)し、より均一な混合土にします。その後、転圧と入念な不陸整正をして、平坦性と表面勾配を確保します。

施工実績は、こちらのページでご紹介しています。