早稲田実業学校中等部・
高等部グラウンド

日本体育施設が施工を担当した、早稲田実業学校中等部・高等部グラウンドについてご紹介します。
また、日本体育施設では、早稲田実業学校中等部・高等部テニスコートと早稲田実業学校初等部のグラウンドの施工も担当しています。

グラウンドは、ロングパイル人工芝舗装。人工芝の下地舗装は、アスファルト舗装ではなく、既存のクレイ舗装を整正して、表面を安定化するレオタイト工法を採用。グラウンドに隣接する多目的コートは、テニスコート3面とハンドボールコート1面の兼用コートで、透水性砂入り人工芝舗装

また、走幅跳用の助走路は、耐久性とクッション性に優れたゴムチップウレタン舗装(レオタンαエンボスRタイプ)で、陸上用スパイクの利用が可能。外周部には、陸上用スパイクの利用が可能な透水性ゴムチップ舗装のレオタンJを採用。
竣工年度 2008
施工範囲 グラウンド舗装
所在地 東京都 国分寺市

関連の施工実績

日本体育施設では、早稲田実業学校中等部・高等部テニスコートと早稲田実業学校初等部のグラウンドの施工も担当しています。