早稲田実業学校 初等部のグラウンド

日本体育施設が施工を担当した、早稲田実業学校 初等部のグラウンドについてご紹介します。

グラウンドには100mトラックや100mの直走路、サッカーコート等がレイアウトされている。
2021年に、人工芝を全面リニューアル。経年変化でかたくなった砂場の砂の入替や踏切板も改修。





人工芝は、ゴムチップなどの充填材を使用しないノンフィルタイプを採用。
ノンフィルタイプの人工芝は、充填材の飛散や衣類への付着、降雨での流出といった課題を解決したメンテンナンス性の高い人工芝。地球環境配慮の視点からも注目されている。
また、子供たちの身体への負担を軽減するため、衝撃吸収性が高いアンダーパットを敷設。
竣工年度 2021
施工範囲 グラウンド舗装(グラウンド・中庭)、競技施設
所在地 東京都 国分寺市