環太平洋大学ラグビー場・ハンドボール場

日本体育施設が施工を担当した、環太平洋大学陸上競技場・ラグビー場・ハンドボール場についてご紹介します。

衝撃吸収性を高め、選手の安全性を向上。さらに夏季の人工芝表面の温度上昇を抑制するために、人工芝の充填材にはカラーチップを使用し、暑熱環境対策にも配慮。ハンドボール場にはラグビー場よりも芝丈が短く、ハンドボール競技が可能なタイプのロングパイル人工芝舗装を採用。

153m×78mの大きさがあるラグビー場はロングパイル人工芝舗装。

竣工年度 2008
施工範囲 撤去工:1式、作業土工:1式、ポリウレタン舗装工:13,218.7㎡、天然芝舗装工:8,577.1㎡、基準石・縁石工:1式、給・排水設備工:1式、付帯施設工:1式、電気設備工:1式
所在地 岡山県 岡山市

関連の施工実績

日本体育施設では、環太平洋大学の陸上競技場や和気ベースボールパーク、スポーツ科学センターの施工も担当しています。

IPU環太平洋大学
陸上競技場

陸上競技場は4種公認。インフィールドは投てき実施可能な人工芝スポーツターフΛ(ラムダ)を採用。

詳しく見る

環太平洋大学
和気ベースボールパーク

2018年3月、岡山県和気町の閉校になった小学校跡地と、隣接する町営グラウンドを改修し、野球部、陸上部の練習施設を整備。

詳しく見る

環太平洋大学
スポーツ科学センター

研究施設に整備した建物外まで伸びる80m走路。

詳しく見る