「スポーツターフΛ」を採用した松戸運動公園陸上競技場の改修工事が完成しました

日本陸連第3種公認競技場にて投てき実施可能な人工芝を使用


2020年7月に松戸運動公園陸上競技場の日本陸連第3種公認に伴う改修工事が完成しました。

走路

ブルートラック

トラックは爽やかなブルートラックに生まれ変わりました。
トラック舗装は全天候型フルウレタントラック舗装材『レオタンαエンボス』、インフィールド舗装は投てき実施可能な人工芝『スポーツターフΛ』です。

ミスト『フィールド冷却細霧システム』

また、夏季の熱中症対策ミスト『フィールド冷却細霧システム』が採用され施設の快適性が高められています。
陸上競技場のインフィールドが天然芝の場合、芝の損傷を避けるために、競技会の際に投てき競技だけ別の会場で実施する場合もあります。本工事のようにインフィールドに投てき実施可能な人工芝『スポーツターフΛ』を使用することで、それらを克服し、思う存分投てきが行えます。

2020THROWERS MEETINGの様子

本工事改修後のオープニングイベントとして、2020年8月には投てき種目に特化した競技会『2020 THROWERS MEETING 』が開催され、2日間で投てき全種目(砲丸・円盤・ハンマー・やり)の男女一般・高校による16種目が実施されました。さらに11月にはトラック競技、投てき競技を行った市内の競技会が開催され投てき競技の利用機会が広がっています。
さらに『スポーツターフΛ』は、球技種目や体育の授業でも快適にご利用いただけるため、施設の稼働率向上等が期待されています。
松戸運動公園陸上競技場のように日本陸連第3種公認競技場において、2018年の日本陸連のルール改正からインフィールドに「投てき実施可能な人工芝」の使用が可能になりました。『スポーツターフΛ』は、日本陸連指定検査機関の製品検査完了製品で、すべての公認競技場で採用頂けます。
『スポーツターフΛ』のメリットを体験していただき、陸上競技場への採用を是非、検討ください。 

第199回松戸市陸上競技記録会の様子

第199回松戸市陸上競技記録会の様子