社長挨拶

代表取締役社長
小松 和幸

平素より格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
当社は1971年の創立以来、屋外スポーツ施設工事関連事業に特化し、設計・施工・維持管理を柱に全国に事業規模を拡大して参りました。さらに、時代の変化に合わせたスポーツターフの管理業務、都市公園の指定管理業務、PFI等への事業の多様化も進めて参りました。
これもひとえにお客様やお取引様はじめとする皆々様のご支援の賜と社員一同心より御礼申し上げます。
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、国際大会の開催が延期され、多くのスポーツイベントが中止や延期になりました。スポーツ関連の事業はかつて経験したことのない状況に遭遇し、不確実性が一段と高まっております。また、DXの流れが加速し、私たちの業界を含めた社会や産業のあり方が変わろうとしています。
グラウンドから生まれる“感動と喜び”はスポーツの価値そのものであり、私たちの願いであり誇りです。私たち日本体育施設の使命は、皆様の『安全・安心・やすらぎ』を守り、豊かな未来につながるスポーツ施設づくりを通じて、社会へ貢献することです。
業界のリーディングカンパニーとして、すべての人たちの期待にこたえ、より一層信頼を頂けるよう社員一丸となって、努力を重ねて参ります。
今後とも変わらぬ、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。