日本体育施設

会社概要採用情報問い合わせトップページに戻る | サイトマップ

ひとめぼれスタジアム宮城の改修工事が完成しました

東日本大震災で被害を受けた補助競技場も全面改修

ひとめぼれスタジアム宮城

* クリックすると拡大します。

ひとめぼれスタジアム宮城は、2001年に開催された第56回宮城国体及び第1回全国障害者スポーツ大会のメイン会場として利用されました。2002年にはサッカーW杯の会場になり、日本代表が決勝トーナメントを戦いました。

しかし、東日本大震災で被災し、特に補助競技場は被害が大きかったため、トラック走路などが広い範囲で沈下していました。

それを今回改修し、再整備しました。宮城スタジアムのトラック走路と投てき練習場の助走路を一部オーバーレイし、補助競技場は公認競技場としての精度を確保するために全面改修を行いました。
トラック走路や助走路は、新設当時から変わらず、ローラーエンボス仕上げのウレタン舗装『レオタンαエンボス』です。

ひとめぼれスタジアム宮城は、宮城県の主要競技会の開催をはじめ、東北地区を代表する陸上競技場のひとつとして、
今後も多くの方々に利用されることでしょう。