施工実績を追加しました。

徳島県の香美市市民グラウンド他、4施設を更新

当社が施工を担当した香美市市民グラウンド(徳島県)、拓殖大学八王子国際キャンパスサッカー場(東京都)、佐倉市立千代田小学校校庭 (千葉県)、境町立境小学校校庭(茨城県)の施工実績情報を公開しました。

香美市市民グラウンド

テニスコートとグラウンドの大規模改修工事が2022年12月完成しました。野球と対面式のソフトボール場がある多目的グラウンドはクレイ舗装防球ネットを整備、フットサル兼用のテニスコートは砂入り人工芝舗装とコート外周の防球ネットを整備しました。


>

拓殖大学八王子国際キャンパス
サッカー場

ロングパイル人工芝舗装をリニューアルする工事が2023年2月に完成しました。今回工事では、グラウンドの下地舗装に、従来の砕石路盤からアスファルト舗装を施工して、より安定性と平坦性を高める舗装に仕上げました。



佐倉市立千代田小学校 校庭

クレイ舗装の改修工事が2023年2月に完成しました。校庭に使用した『ソフトグリーン舗装』は、緑色スクリーニングス『グリーンコート』と砂の混合によって、グリーンコートの色彩や省管理性に加えて、排水性とクッション性を高めた舗装材です。今回工事では、均質性が高く、工期短縮が可能なプレミックスの材料を使用し、均質な仕上がりを実現しました。



境町立境小学校 校庭

校庭を人工芝化する工事が2023年3月に完成しました。校庭に使用したロングパイル人工芝はクッション性に優れ、子供の身体を優しく支える舗装材で、耐久性にも優れています。今回工事では、雨水を貯留し、浸透させる浸透トレンチを設置しました。浸透トレンチは、校庭の排水性を向上する役割も果たしています。