清瀬内山運動公園(A面)サッカー場の改修工事が完成しました

ロングパイル人工芝をリニューアルし、『フィールド冷却細霧システム』を導入

2022年3月に、東京都清瀬市の内山運動公園サッカー場(A面)の人工芝改修工事が完成しました。
グラウンドはサッカーコート1面と8人制サッカーコート2面がレイアウトされています。
人工芝は、アンダーパットを再利用して全面張り替えを行いました。採用された人工芝は、充填材の目詰まりを抑制し快適なプレイを追求したダブルタフト製法による人工芝です。

フィールド冷却細霧システム

今回工事では、フィールドの外周に暑熱環境の抑制として、『フィールド冷却細霧システム』を設置しました。
プレイ中でもミストを噴霧できる『フィールド冷却細霧システム』によりフィールドの安全性と機能性がさらにアップしました。