法政大学多摩キャンパス
城山地区サッカー場

日本体育施設が施工を担当した、法政大学多摩キャンパス城山地区サッカー場についてご紹介します。

2021年9月完成。ロングパイル人工芝の張替え、ベンチの改修と経年劣化した散水設備の交換を実施。

充填材が固結しにくい、パイルが抜けにくいといった特徴がありメンテナンス性に優れているダブルタフト製法で製造されたロングパイル人工芝を採用。さらに、クッション性を高める人工芝のアンダ―パットを敷設。充填材には、夏季に人工芝の表面温度の上昇を抑制するカラーチップを導入。

改修前

改修後

竣工年度 2021
施工範囲 ロングパイル人工芝舗装、給水設備、管理施設
所在地 神奈川県 相模原市