拓殖大学八王子国際キャンパス総合グラウンド陸上競技場の 改修工事が完成しました

全天候トラック走路整備とインフィールドの人工芝をリニューアル

グラウンド全景

グラウンド全景

拓殖大学八王子国際キャンパス総合グラウンド陸上競技場の400mトラック走路の全天候化、インフィールドの人工芝リニューアル、外周クロスカントリー走路とクラブハウスの整備が完了しました。
陸上トラックに使用された舗装材は、ローラーエンボス仕上げの「レオタンαエンボス」が使用されています。
インフィールドはツートーンカラーの人工芝に改修しました。アメリカンフットボール、サッカー等に使用されています。フィールドの境には取り外し式の防球ネットを設け、複数の種目を同時に利用できるように計画しました。改修前に敷設されていた既存人工芝は、アウトフィールドに移設し活用しています。
グラウンド外周部には、坂道を造成し、起伏のあるコースを走って練習できるクロスカントリー走路を整備しました。表層はクッション性のある山砂舗装が使用されています。また、グラウンド北東側のクラブハウス(緑色)の新設も行いました。

外周クロスカントリー走路

インフィールドの中に設けた3000m障害池

陸上トラック走路