Honda鈴鹿硬式野球部グラウンド

日本体育施設が施工を担当した、Honda鈴鹿硬式野球部グラウンドについてご紹介します。

バックネットから両側のダックアウト前にノンフィルタイプの人工芝を敷設。
グラウンド使用時の土汚れを軽減し、ダックアウトの利便性を向上を図る。

人工芝は、耐摩耗性、衝撃吸収性に優れた高密度人工芝とアンダーパットを採用。

竣工年度 2021
施工範囲 人工芝舗装
所在地 三重県 鈴鹿市