哲学堂公園
(公園管理)

日本体育施設が指定管理者として公園の管理運営を行っている哲学堂公園のご紹介です。
また、日本体育施設では、哲学堂公園野球場哲学堂公園庭球場の施工も担当しています。

哲学堂公園は、東洋大学を創立した哲学者井上円了が“哲学と社会教育の場”として創設した「哲学堂」を前身とする公園。
園内には明治-大正期に建設された古建築物群(中野区指定有形文化財)をはじめ、井上円了の哲学観を体現した「哲学堂七十七場」がある。令和2年3月に国名勝に指定。



取り組み

哲学堂公園の文化・歴史的価値等の魅力を国内外に伝えてゆきたい。そうした想いから、中野区有形文化財に指定されている古建築物(四聖堂、六賢台、絶対城、宇宙館、無尽蔵)の期間限定公開など、教育的なイベントを行っています。ほかにも年間を通じて“地域連携活動の推進”や“人々の活動や交流の拠点”として、誰からも愛される場所となるようにしたい。という想いで日々運営をしています。わたしたちは地域貢献の推進のため地域との連携や協同を大切に運営しています。

所在地 東京都中野区松が丘1-34-28
受託形態 指定管理者
運営形態 指定管理者共同事業体 代表者
施設内容(種類・規模等) 野球場、テニスコート、弓道場・多目的広場、哲学堂公園
管理開始年度 2006年4月1日から 継続中

関連の施工実績

日本体育施設では、哲学堂公園野球場と哲学堂公園庭球場の施工も担当しています。

哲学堂公園野球場

クレイと芝生のグラウンドから、メンテナンス性に優れた人工芝のグラウンドに改修。
クッション性に優れたアンダーパット付きの人工芝を使用。

詳しく見る

哲学堂公園庭球場

当社グループが指定管理者として管理運営する哲学堂公園のテニスコート。
砂入り人工芝6面を全面張り替え。充填材にはカラーコートサンドを使用。

詳しく見る