宮城スタジアム(サッカー場)

日本体育施設が施工を担当した、宮城スタジアム(サッカー場)についてご紹介します。

サッカーW杯会場として2000年新設。2019年、東京五輪のサッカー会場として復興の象徴として東日本大震災で被災した場所を圃場として整備し育成した芝を採用しリニューアル。


竣工年度 2000
施工範囲 フィールド舗装、給水設備、圃場整備
所在地 宮城県 宮城郡利府町

関連の施工実績

日本体育施設では、宮城スタジアム(1種)の施工も担当しています。

宮城スタジアム(1種)

芝生フィールドは2001年の開場以来、2001年宮城国体、2002年サッカーW杯を経て初めての全面改修。

詳しく見る