日本体育施設

会社概要採用情報問い合わせトップページに戻る | サイトマップ

クーリッシュコート

陸上競技場の全天候型舗装の表面は、夏期、大変高温になります。場合によっては、60℃を越すことも珍しくありません。特に近年の猛暑は激しく、軽視できない状況になっています。

そこで私たちは、舗装材表面の温度上昇を抑制する効果のある、新型トップコート『クーリッシュコート』を開発しました。

遮熱のメカニズム

クーリッシュコートには、熱を反射する顔料と、効率良く近赤外線を反射・散乱させる特殊中空フィラーが含まれています。

波長の長い赤外線は散乱しにくいといった性質を持っていますが、クーリッシュコートが赤外線を“散らす”ので、トラックに熱が蓄積されにくくなります。
こうしたメカニズムによって舗装表面の温度上昇を抑制、暑熱を軽減します。

施工方法

特殊なトップコートですが、従来品と同様に施工できますので、工期が長くなる等のデメリットは生じません。公認競技場でも採用して頂いております。
また、水系タイプのご用意もありますので、環境負荷を軽減しつつ、競技場利用者にもやさしいトラックを整備することも可能です。

施工実績
日産スタジアム三ツ沢公園陸上競技場 西ヶ谷総合運動場
陸上競技場
美原公園陸上競技場