日本体育施設

会社概要採用情報問い合わせトップページに戻る | サイトマップ

フィールド冷却細霧システム

サッカー場などの球技場や陸上競技場においては、炎天下での練習や夏場の試合も多々行われています。この時、プレイヤーの体は酷暑にさらされており、熱中症を起こす可能性も少なくありません。
特にフィールドの舗装材が全天候型の人工物だった場合、フィールド表面の温度が上昇しやすいため、危険度が増します。近年は特に、熱中症が重症化するケースも数多く報告されており、夏場のプレーには充分な対策を取る必要があります。

こうした現状を受けて、当社は、フィールドの暑熱を緩和する『フィールド冷却細霧システム』を開発しました。

フィールド冷却細霧システムの特徴

* クリックすると拡大します。

『フィールド冷却細霧システム』は、ミクロの霧(ミスト)を漂わせてフィールドの暑熱環境を緩和する装置です。
このミストは、それ自体が低温なので、フィールド表面付近の空気を直接的に冷やします。

また、ミストは蒸発する際に、周囲の熱を奪うので、フィールドの暑熱ストレスを効果的に低減します。

システム最大の特長は、ミスト粒子が超微細で、空気中へ噴霧された直後に蒸発するという点です。ミストは、地面に落ちる前に蒸発するので、フィールド全体に水がかかることはありません。競技者を濡らさないため、プレイ中にもシステムを稼働することが可能です。
プレイ中も安心してご利用いただけるよう、ミストを発生させるノズルには、安全カバーがついています。

フィールド冷却細霧システムの利点は、これだけではありません。システムには大容量の受水槽や大型ポンプは不要です。また、使用水量はサッカー場1面あたり毎分40〜45リットル。従来の打ち水効果を利用した散水方式と比較して、建設コスト、ランニングコスト共に削減することができます。フィールドの利用形態に合わせて噴霧エリアを制御することも可能です。

ミスト噴霧の様子を動画でご覧頂けます。(Windows Media Player/約30秒)

施工方法

* クリックすると拡大します。

フィールド冷却細霧システムを導入する場合の施工方法についてご紹介します。
はじめに、基盤工事の段階で給水管を設置。そして、ミストを噴霧するノズルの立ち上げ管を設置します。

給水管を設置した後、アスファルト等の下層部の舗装工事を行います。平坦性を確保するため、一旦給水管は完全に埋設しますが、下層完了後、慎重に測量して掘削し、立ち上がり管を表層に出してミクロンノズルを取り付けます。

表層の仕上がり高さに合わせて、ノズルを設置したら、ノズルカバーをかけて噴霧部を保護。カバーを設置することによって、プレーヤーの安全性も確保されます。

施工実績
千曲市サッカー場早稲田大学
所沢キャンパス陸上競技場
早稲田大学
東伏見アメリカンフットボール場
東京農業大学
世田谷グラウンド