日本体育施設

会社概要採用情報問い合わせトップページに戻る | サイトマップ

寒地型芝生

サッカー場をはじめ、ラグビー場やアメフト場など、スポーツに供される芝生は、踏圧に強いこと(耐踏圧性)が求められます。また回復力が大きいことも重要です。 そして、プレーイングクオリティに優れていなければなりません。このような複数の条件を満たす寒地型芝生で、現在多く利用されているものは、ブルーグラス類、ライグラス類の3種です。

ブルーグラス類、ライグラス類の特徴

* クリックすると拡大します。

共に常緑を保持する草種で、夏季や冬季に生育が鈍ることはあっても、休眠することはありません。
関東地方でも、寒地型芝生で常緑を保持している球技場もありますが、関東以西では、夏季は暖地型芝生で常緑を保持している施設が多く見られます。

ブルーグラス類は、地下ほふく茎による繁殖を行うので、耐踏圧性に大変優れています。 低刈りにも耐え、回復力も早く、スポーツターフに適しています。宿根性で長期間生存することも利点のひとつです。反面、初期生育が遅いので、養生期間を長く要します。
ケンタッキーブルーグラスと呼ばれる仲間の品種が、頻繁に利用されています。

ライグラス類は、比較的短命で、自然環境条件や踏圧に対する耐性も弱めです。しかし、初期生育が非常に早く、地表面を被う速度は群を抜いています。そのため、ほかの草種と組み合わせて良く利用されます。
ウインターオーバーシーディングにも用いられます。

播種工法

* クリックすると拡大します。

一般的な播種工法について、簡単にご紹介します。
まずは、健全な芝生を育成するのに適した芝床を造成します。基本的には、暖地型芝生と同様ですが、寒地型芝生の方が病害虫の発生が起こりやすく、トラブルの懸念が大きいため、芝床には、排水性の高い砂を採用するのが一般的です。

芝床が完成した後、芝生の種子を播種し、ターフをつくり上げます。現場で直接芝生をつくるため、ソッドを運搬する労務や運賃が必要ありません。そのため、初期コストは低く抑えられます。

しかし、播種後の養生期間は長く必要で、さまざまな維持管理作業を要します。
例えば、散水作業。種子が根付く前は、乾燥や流出の恐れがあるため、充分留意しながら行わねばなりません。また、風による飛散も懸念されるので、ネットで覆う等の養生が必要です。芝生の密度が上がらないうちは、雑草が侵入しやすいので、除草対策も大切です。

播種直後の初期管理作業は多岐に及ぶため、一般的な張り芝工法に比べると、専門的な技術が必要と言えます。