日本体育施設

会社概要採用情報問い合わせトップページに戻る | サイトマップ

レオタンJ・W・WU(透水型ゴムチップ舗装)

公園の園路や河川敷の遊歩道、学校グラウンドの外周部など、主たる目的が歩行やジョギングで、安全性と快適性が最優先されるような場所には、透水型のゴムチップウレタン舗装が適しています。
当社では、『レオタンJ・W・WU』と豊富なラインナップを揃えておりますので、目的に応じてお選び頂けます。

レオタンJ・W・WUの特徴

レオタンJは、ジョギング走路や多目的広場に適した透水型の舗装で、最大の利点は、優れた耐摩耗性にあります。表面に優れた物性を持つポリウレタン材を吹き付けて仕上げているため、 ラバーシューズ等で日常的に強い摩擦を受けても、その使用に耐え、長くご利用頂けます。それだけでなく、クッション性が高く身体への負担を軽減できるといったメリットもあります。

レオタンWは、ベーシックな透水型の全天候ゴムチップ舗装です。抜群の排水性で、降雨時にも水が溜まりにくく、歩行性が低下しません。クッション性が高くソフトな感触です。
色落ちがないカラーチップを使用したWUタイプもございます。表面にトップコートを塗布して耐候性と耐摩耗性を高めています。排水性も高いので、降雨直後でもご利用可能です。

特性一覧
レオタンJ・W・WU(透水型ゴムチップ舗装)
レオタンJレオタンWレオタンWU
表面形状スティップル仕上げフラット仕上げ
断 面
弾性材ゴムチップゴムチップカラーチップ
施工実績早稲田実業グランド外周部/
野沢養護学校/中央大学八王子キャンパスサッカー場外周舗装
八王子市浅川河川敷別府沼公園ジョギングコース/
美原公園陸上競技場ジョギング走路
施工方法

* クリックすると拡大します。

透水型ゴムチップ舗装のレオタンシリーズは、いずれのタイプも、基層に開粒アスコンを採用しています。 開粒アスコンの中の空隙を伝って排水されるので、降雨時でも速やかに水が引きます。

続いて、基層の上に弾性層を施工します。 レオタンJとWは、ゴムチップとウレタンバインダーを混ぜて舗装します。レオタンWUはカラーチップとウレタンバインダーを使用します。

そして、最表層部を仕上げます。 レオタンJは、ウレタンを吹き付けて施工します。 この時、ウレタン樹脂をべた塗りにしてしまうと、透水機能が失われてしまいますので、 絵画の点描(=stipple)技法に通ずる手法を採用します。 このことから、レオタンJの表層仕上げを「スティップル仕上げ」と呼んでいます。
一方、レオタンWとWUは、弾性層が表層構造となっていますので、ゴムチップ、または、カラーチップを、均一に且つ平坦に均せば完了です。
いずれのタイプも、最後にトップコートを塗布します。

施工実績
早稲田実業グランド外周部野沢養護学校グランド 中央大学八王子キャンパス
サッカー場外周
別府沼公園
ジョギングコース
美原公園陸上競技場ジョギング走路 永明保育園園庭