日本体育施設

会社概要採用情報問い合わせトップページに戻る | サイトマップ

三重交通Gスポーツの杜伊勢陸上競技場の補助競技場が完成

全天候型舗装の第3種公認陸上競技場が新設されました

三重交通Gスポーツの杜伊勢補助陸上競技場

* クリックすると拡大します。

伊勢神宮内宮の北側に位置する、三重交通Gスポーツの杜伊勢(三重県営総合競技場)に、第3種公認の補助競技場が完成しました。
これまでの補助競技場は、1周が300mの第4種公認の施設でしたが、今回、第1種公認陸上競技場の基本仕様に合致するよう、第3種公認競技場が整備されました。

トラックの舗装材は、国際陸上競技連盟(IAAF)認証舗装材『レオタンαエンボス』です。

当競技場は、東京オリンピック開催の翌年にあたる平成33(2021)年、第76回国民体育大会の会場となる予定です。