日本体育施設

会社概要採用情報問い合わせトップページに戻る | サイトマップ

和歌山県日高川町の南山スポーツ公園陸上競技場が全天候化されました

インフィールドは、投てき対応型人工芝スポーツターフΛ(ラムダ)に

南山スポーツ公園陸上競技場

* クリックすると拡大します。

南山スポーツ公園陸上競技場に、全天候型ウレタン舗装『レオタンαエンボス』のブルートラックと、投てき対応型人工芝『スポーツターフΛ(ラムダ)』のフィールドが整備され、日本陸上競技連盟第4種公認を取得しました。

トラック走路や助走路は、和歌山県の第1種公認陸上競技場である紀三井寺公園陸上競技場と同じ、国際陸上競技連盟(IAAF)認証舗装材です。

トラックの内側とインフィールドには、『フィールド冷却細霧システム』が採用されています。
グラウンド面から噴霧されるミストが、夏場の暑さを緩和し、利用される方々により良いスポーツ環境を提供いたします。

改修された陸上競技場は、今年開催される和歌山国体のアーチェリー競技の会場として使用されます。