日本体育施設

会社概要採用情報問い合わせトップページに戻る | サイトマップ

ヤーツ

古来の遊牧民が利用していた、移動式住居“パオ”をモチーフにしてデザインされた『ヤーツ』。 自然に溶け込む柔らかな表情でありながらも、厳しい環境に耐える設計です。

森の中や川辺のキャンプ場やコテージはもちろん、ハイシーズンのみオープンするレストランやカフェ、さらにイベント時の展示ブース等に最適。

ヤーツの特徴

骨格は高強度の米松材、トップカバーは建築防水で実績のあるデュロラストを採用。 強くしなやかな素材で作られるヤーツは、全体が柔構造で、厳しい風圧や積雪にも耐える仕組みです。
また、頂部のスカイライトは、強化アクリルで安全性に優れています。開閉自在で、空を眺めることもできます。

厳しい自然環境に負けない設計でありながら、デザイン性も高く、景観と調和します。

施工方法

* クリックすると拡大します。

はじめに、骨格となる外周部を設置します。この際、特別な重機は必要ありません。材料自体が少ない設計なので、搬入車両もコンパクト。周囲の自然環境にかける負荷も少なくて済み、騒音の発生等も抑制できます。通常、一般的な車道がある場所なら、どこでも設置可能です。

その後、しっかりした木製ドアと断熱性の高いサイドカバーで包み込みます。ヤーツ内は、外気温マイナス25℃の釧路湿原においても、暖かな室内を保てることが確認されています。
そして、空が見えるスカイライトを取り付ければ完成です。

組み立てと解体が簡易で、再利用もできます。撤去しても、廃材は多くなりません。サイドが汚れてしまい美観が損なわれた際は、カバー交換を。新設時の印象が戻ります。 このように、すべての作業を手軽に行える点が、大きなメリットです。

また、テントでの宿泊に抵抗を感じる野外キャンプの初心者でも、ヤーツなら、安心して自然の中でのレクリエーションを満喫して頂けると思います。

施工実績
修善寺ポマトランドゆうぱーくおごせ フジヤマリゾートぐりんぱ